バリエーションがあるのが特徴でそれ故に分かりにくい住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは年々施設数が増え、今では有料老人ホームの3割に達すると言われています。その反面で初期費用が数千万円かかるなどという話も聞いたりします。認知症を積極的に受け入れるという話も聞くのに要介護になったら退去しなければいけないとも聞きます。はたしてこれはいったいどういうことなのでしょうか。

特別養護老人ホームとの違い

有料老人ホーム 千葉,老人ホーム 千葉

住宅型有料老人ホームとは、主に民間企業が運営している、食事、洗濯、清掃などの生活支援サービスのついた高齢者施設で、入居者が要介護になった場合は訪問介護などの外部の在宅サービス事業所のスタッフが対応します。
民間企業が運営していることもあり、外部の在宅サービスといっても同じ企業グループが運営していることも多く、事務所が同じ敷地内にあり高齢者の情報を共有するなどのなめらかな引き継ぎを提供しています。このように組み合わせの自由度があるため、別の角度から見ると、施設によってサービスの内容が違います。例えば医療処置やリハビリテーションプログラムなどに力を入れているところもあれば、そうでないところがあります。施設の豪華さにセールスポイントを置いているところもあれば、価格のお手頃さに力を入れているところもあります。

老人ホームの典型例である特別養護老人ホームは、公的な介護施設で安価かつ一定以上の介護の水準が保たれていますが、重度の要介護者を対象としており、入所の条件が厳しく、サービス内容は画一的となりがちですが、住宅型有料老人ホームは、軽度の要介護者が対象で、入所の条件がゆるく、サービス内容は施設によってさまざまであるという違いがあります。

メリット・デメリット

メリット

  • マンションや車と同じように利用者に合わせてセールスポイントを差別化するという思想に基づいているのと、外部の介護サービスを組み合わせてサービスプログラムを設計するというやり方から、利用者のニーズに合ったさまざまなサービスが提供されています。
  • 介護付き有料老人ホームよりも割安。
  • 軽度の介護に外部サービスを利用しているが、民間の同系列の事業者であることが多く、バラバラに依頼するよりもシームレスに対応可能なことが多い。

デメリット

  • 軽度の要介護者向けの施設なので、重度の介護状態になると住み続けられないことがある。
  • 要介護状態が高くさまざまなサービスを受けると割高になることがある。
  • 公営の特別養護老人ホームと比べて入居費が高い。
  • サービス内容やその組み合わせが施設によってさまざまなので、どこが自分に合うのか分かりにくい。

設備

元々そのように制度設計されているので、設備には施設ごとにさまざまなバリエーションがあります。
もっとも基本的な設備である居室は個室が大部分ですが、一部で多床室があります。また夫婦室のあるところもあります。食堂やリビングは共有のものがありますが、キッチンが居室内についている施設も多くありますし、トイレや浴室も同様です。このあたりはその施設ごとの方針によります。なるだけ共用施設を使うようにしてその分費用を抑えるというようにしている施設もありますし、個々の居室に通常の住宅についているのと同じ設備を整えることで、なるだけ今までの生活との断絶感をなくそうとしている施設もあります。

居室やキッチンやトイレや浴室などは基本的な設備だと言えるのですが、施設によって大きな違いが出るのはこの基本的設備ではなくて、むしろそれ以外の設備です。理美容室、売店、カラオケ、図書館、ゲストルーム、駐車場、園芸、アトリエ、麻雀卓、フィットネス設備やプールなど、さまざまなバリエーションがあります。これらを充実させ、その分費用が高くなっている設備もあれば、逆の方針を取る設備もあります。

民間の分譲する戸建住宅やマンションと全く同じ理屈ですので、費用と実現したいライフスタイルを秤にかけて、同じように悩んで同じように選べば良いものかと思います。

入所について

入所基準は基本的には自立した高齢者から軽度の要介護者です。自立というのは自分で食事や着替えなどの身の回りのことができるということで、収入や扶養関係のことではありません。ただし、自立〜軽度というのはあくまでガイドラインであって、詳細は施設によって違います。伝染病などの疾患がないことや身元引受人を要求するところもあります。また認知症は対応するのが原則ですが、より積極的に認知症の方を受け入れているところもあります。

認知症で軽度の介護が出てくると、一人暮らしであっても同居であっても一気に本人や家族の負担が大きくなり、本人も家族もお互いが忌避と認否をする結果、認知症や要介護がより進行してしまうということがあります。この段階で自立支援や介護支援をしながら、できる部分は自分でして、できない部分は外部に頼み、外部サービスを受け入れやすい環境に住むというのは、本人や家族が疲弊しきってしまうまで家庭内でなんとかしようとするよりも合理的だからです。

このような考え方が受け入れられてきたこともあり、近年は住宅型有料老人ホームの施設数が増え、現在は有料老人ホームの約3割を占めると言われています。供給が増えていますし、ニーズもばらけているので、条件が合えば入居が特に難しいわけではありません。

特別養護老人ホームの入所基準である要介護3というのは、かなりの負担を本人と家族に強いることになります。全国で33.6万人も入居待機者がいて、運が良くて1年待ち、そうでなければ3年待ち5年待ちということも起こります。これはかなりつらい状況であると言えるでしょう。
民間の施設なので費用の問題はどうしても出てきてしまいますが、先述の通り余分な設備を省くことでなるだけ低価格を目指すような住宅型有料老人ホームも出てきています。介護や痴呆症を放置した結果どんどん悪化し、要介護3の状態になってさらに5年耐えるということの現実を考えると、ゲストルームや麻雀室や自分専用キッチンがなくたって構わないではないかと思う人が増えたということでしょう。

もちろん費用面の負担が可能ならば、ゲストルームや麻雀室があることに何の問題もないわけで、選択の幅が広いというのが住宅型有料老人ホームの特徴になります。ですから、設備や条件については色々と調べてみてください。

住宅型有料老人ホームの費用

有料老人ホーム 千葉,老人ホーム 千葉

今まで述べてきたとおり、設備やサービスに対する考え方が施設によってさまざまに違います。これは車や住宅と同じで、車や住宅と同じように費用も非常に幅があります。
住宅型有料老人ホームの多くは初期費用と月額利用料の構成になっていますが、特に初期費用は幅があり、0円から数千万円まであります。月額利用料は12万円〜30万円ぐらいが目安です。

初期費用は賃貸住宅における敷金礼金のようなものです。初期費用0円というのは敷礼ゼロの賃貸住宅と同じで、その分だけ月額利用料で回収するという考え方です。また初期費用は一定期間内に退去した場合は返還金を受け取れる場合があります。これは施設によってバラバラですので、施設にご確認ください。
数千万円の初期費用という場合は、設備が特別ゴージャスだからということもあるのですが、今まで住んでいた家を売ったりリバースモーゲージとよばれる手法で今まで住んでいた家を担保にしてお金を借りたりしている場合が多いです。

月額利用料は家賃・管理費に相当する居住費や、食費や、その他の費用に、介護サービス費になります。介護サービス費は介護保険の対象になっているものもありますし、実費負担のものもありますので、実際にどのぐらいの費用が必要なのかは、ケアマネージャーに相談するのが良いでしょう。